スポンサー リンク


札幌 天気

   

札幌 天気

北海道札幌市は、人口が180万人と全国第5位にランクインしている大都市ではありますが、冬期間の印象が強いため、豪雪地帯と見做されている部分が強いようです。 しかしながら、大変なのは冬期間だけであり、ただ、それも考えようによってはそれ程大変でもないとの見方もできます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

東京 路線図

東京都内は、1つの鉄道会社の中でも様々な路線があって見るのが大変ですが、覚えるのはもっとたいへんです。

東京都内の路線図は路線がたくさんあるので、目的地を探すために、駅で路線図を見てても目的地がわからなくなってしまうことがあるのではないでしょうか。

日本の首都・東京の観光のランキング1位は?穴場の観光は?バス観光なら?

今や世界中から観光客が訪れる大都市・東京。

そんな東京の観光と言えば・・・ランキング1位はやっぱり○○?穴場の観光ならどんな場所がいい?バスで観光するなら?

東京の観光に関する情報の一部をご紹介します。

東海道新幹線の歴史とは?お得な割引きっぷもご紹介!

東海道新幹線は日本の新幹線でもっとも利用者の多い路線と言われています。

その歴史はどのようなものだったのでしょうか?

東海道新幹線の歴史を割引きっぷの種類とあわせてご紹介します。

東北新幹線

東北新幹線は、

東京駅から新青森駅まで

運航する新幹線の路線です。

イギリスとは?観光するならおススメは?イギリス人の特徴は?

日本と同じ島国であるイギリス。

正式名称は「グレート・ブリテン及び北アイルランド連合王国」。日本ではやっぱりイギリスと言ってしまいますよね。

そんなイギリスの魅力やイギリス人の特徴についてご紹介します。

アウトレットの歴史とは?人気の御殿場や木更津アウトレットの魅力もご紹介します!

日本でも大人気のアウトレットモール。

その歴史はどこから始まったのでしょうか?

人気の御殿場と木更津アウトレットの魅力と一緒にご紹介します。

名古屋 観光

名古屋に観光に訪れるなら、絶対に行っておくべき場所というものがいくつかあります。

まず何といっても外すことの出来ない場所として、東山動物園が挙げられます。

東山動物園の最大の特徴は、何といっても地下鉄東山線の最寄り駅から降りてすぐの所にあるという点にあります。

神戸

神戸は、阪神大震災からの復興から大きく立ち直り、

今はとてもおしゃれな街になりました。

老若男女どんな人が行っても楽しめる場所となっています。

セントレア

中部地方の空の玄関と言えば、中部国際空港です。

名前から行くと、

セントレアの方がなじみがあるという人もいるでしょう。

地震情報

2011年の東日本大震災以降、地震に対する意識は急速に高まっています。

緊急地震速報に対応した携帯を日本人の多くが持ち、電車内で緊急地震速報があれば、

何度聞いても慣れることのない音が周囲で鳴りつづけます。

天気予報 千葉

千葉県に住んでもう10年以上になりますが、

千葉県内の何ヶ所かで住んでいたことがあります。

流山市、館山市や銚子市に住んでいました。

仙台

仙台市は、地下鉄などのアクセスも良く、

新たな地下鉄の路線も開業する予定であることから、ますます、

このエリアに住みたいという人は増えてくることでしょう。

お台場

お台場ってレインボーブリッジを見ながら

カップルがデ-ト・・・の印象が強いけど、

決してそれだけではありません!

旅行

旅行を楽しむ際には荷物の数を最小限に抑えると、行動範囲が広がりやすくなります。

荷物が多ければ、その重量分が体重に上乗せされてしまいます。

結果として、重い体を動かしながら旅行することにつながります。

電車時刻表

世の中には電車時刻表を活用して電車に乗っている人と、活用しないで電車に乗っている人との両方のタイプの人間がいるものです。

そして可能であるならばもちろん電車時刻表を活用しながら電車に乗るようにした方が良いと言われています。

京都の観光でおすすめなのは?!やっぱりコレは外せません!

京都の観光といえばお寺や神社ですが・・・。

他にも楽しめることはたくさんあります!

その中でもおすすめなのはコチラ!

東京 地図

東京の地図を見れば、標高などの地形の特徴も分かるはずです。

沿岸部は埋立地が多いために、明らかに人工的な形をしています。

東京の地形は西へ行くほどに古く、関東山地では基盤岩が地表に露出しています。

ぷらっとこだま

交通費を安くして、

その分旅行先で使いたいという人や、

切り詰められるものは切り詰めたいという人もいます。

渋谷 ランチ

渋谷の街で食べるランチは格別で、都会的な雰囲気とともに注目を集めます。

店舗間の競争が激しい地区ですから、味のレベルは自然と高くなります。

安いだけでは客が納得しないために、どの店でも妥協せずにメニュー作りをしています。

行きたいところが多すぎて困っちゃう!沖縄旅行・沖縄観光にオススメなスポットとは?

沖縄の旅行が楽しみ!

だけど観光スポット多すぎてどこに行けばいいか迷っているあなた!

オススメコースはコチラです。

札幌の天気の特徴とは?

北海道札幌市は、人口が180万人と全国第5位にランクインしている大都市ではありますが、冬期間の印象が強いため、豪雪地帯と見做されている部分が強いようです。

しかしながら、大変なのは冬期間だけであり、ただ、それも考えようによってはそれ程大変でもないとの見方もできます。

まず、春から秋にかけては、日本特有の温暖湿潤気候の恩恵を余り被らないで済みます。
温暖湿潤気候はカラッと晴れるということは無く、晴れてはいるが、湿気がありジメジメしているといった気候です。

札幌は本州と家の造りが違う?

我が国に木造住宅が圧倒的に多いのはそのためでもあり、湿気を吸収してくれる木を至る所に使用している住宅が目に付きます。

しかし、北海道は明治期以降に開拓された新大地であり、この我が国の木造住宅の歴史や人々の生活の歴史などが全く及ばない所です。

加えて、道央の札幌などは、天気は晴れである日が多いには多いのですが、天気が晴れであっても、本州特有のジメジメ感は全く感じず、妙に涼しいといった印象すら受けます。
冬は冬で、二重サッシに囲まれた家で温かいというのも特徴で、外の天気は豪雪なのに中は関係ないといった感じです。

加えて札幌市の場合は、街の造りが地下中心とも取れる構造になっており、その地下街も入り組んでおり二重三重になっています。

地下街だけで地下鉄駅三駅分あるといった所は、本当に驚かさせられます。

札幌は北海道の中でも住みやすい街

夏場もそれ程猛暑といったことはなく、冬も隣りのマイナス40度を記録した旭川市程ではないということを考えれば、案外、札幌市は北海道の中でも住みやすい街なのではないかと想定されます。

人口も二百万人を少し切る程度で、近隣には緑の多い公園が多数存在し、乗馬やラフティングなどの本州ではなかなか楽しめないレジャーもお手軽に楽しむことができる部分も、この街の強みと言えるのではないでしょうか。

こういった部分から、札幌市への居住については、オススメできる所が多いと想定されます。

 - 地域・観光