スポンサー リンク


オーストラリアとは?おススメの旅行先やビザについてご案内します!

   

オーストラリアとは?おススメの旅行先やビザについてご案内します!

南半球のオーストラリア。 日本と季節が逆になりますが、オーストラリアの国とはどういう国? 日本人に人気のオーストラリアの情報についてご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

札幌 天気

北海道札幌市は、人口が180万人と全国第5位にランクインしている大都市ではありますが、冬期間の印象が強いため、豪雪地帯と見做されている部分が強いようです。

しかしながら、大変なのは冬期間だけであり、ただ、それも考えようによってはそれ程大変でもないとの見方もできます。

天気予報 横浜

天気というものは毎日移り変わります。

晴れの日や雨の日といったものが、季節とともに変動し、

それによって人間の生活そのものにも大きくかかわってきます。

箱根は観光の宝庫?箱根湯本は日帰りでも楽しめる?

東京から近い観光地と言えば箱根。

箱根の観光でおすすめと言えば?数ある温泉地の中でも箱根湯本は日帰りでも楽しめる?

箱根観光の魅力についてまとめてみました。

大阪の観光といえば・・・?家族で行くならこんなスポットはいかが?

大阪といえば・・・?

家族で観光に行くならこんなところもオススメです!

あえてのこのスポットに出かけてみては?

名古屋の観光スポットといえば?名古屋城以外にはどんな場所がオススメ?

名古屋の観光名所は名古屋城だけじゃない!

今、名古屋でアツいのはコチラ!

大人も子どもも楽しめる観光スポットをご紹介!

旅行

旅行を楽しむ際には荷物の数を最小限に抑えると、行動範囲が広がりやすくなります。

荷物が多ければ、その重量分が体重に上乗せされてしまいます。

結果として、重い体を動かしながら旅行することにつながります。

名古屋 天気

名古屋というのは日本の中心部に位置している都市である為、多くの県外の人は、都道府県の中で最も天気と気候が良い地域であると思っているものです。

大阪の観光・・・穴場やグルメ、おすすめスポットを紹介♪

大阪の観光と言えばやっぱり一番はUSJだと思うけど、

それ以外にも穴場やおススメのグルメやスポットは?

ありすぎて全部はかけませんが、ほんの少しだけ大阪の観光について紹介します。

イギリスとは?観光するならおススメは?イギリス人の特徴は?

日本と同じ島国であるイギリス。

正式名称は「グレート・ブリテン及び北アイルランド連合王国」。日本ではやっぱりイギリスと言ってしまいますよね。

そんなイギリスの魅力やイギリス人の特徴についてご紹介します。

新潟 天気

新潟の天気は日本海側気候によって支配されるため、冬場には豪雪になります。

市街地も含めて冬にはいつでも積雪がありそうな地域ですが、山間部と平野部ではかなりの差があります。

北海道 天気

タイトルを見るとやたらロマンチックな内容を想像するかもしれませんが、北海道の天気はTVのニュース以外でも雲の動きや鳥の動き、風の向きなどである程度把握することができます。

まず、アウトドアでよく活用するのは「雲の動き」と「鳥の動き」です。

電車時刻表

世の中には電車時刻表を活用して電車に乗っている人と、活用しないで電車に乗っている人との両方のタイプの人間がいるものです。

そして可能であるならばもちろん電車時刻表を活用しながら電車に乗るようにした方が良いと言われています。

アウトレットの歴史とは?人気の御殿場や木更津アウトレットの魅力もご紹介します!

日本でも大人気のアウトレットモール。

その歴史はどこから始まったのでしょうか?

人気の御殿場と木更津アウトレットの魅力と一緒にご紹介します。

天気予報 千葉

千葉県に住んでもう10年以上になりますが、

千葉県内の何ヶ所かで住んでいたことがあります。

流山市、館山市や銚子市に住んでいました。

渋谷 ランチ

渋谷の街で食べるランチは格別で、都会的な雰囲気とともに注目を集めます。

店舗間の競争が激しい地区ですから、味のレベルは自然と高くなります。

安いだけでは客が納得しないために、どの店でも妥協せずにメニュー作りをしています。

お台場

お台場ってレインボーブリッジを見ながら

カップルがデ-ト・・・の印象が強いけど、

決してそれだけではありません!

名古屋と言えば名古屋城、名古屋港水族館、名古屋駅周辺グルメ?

名古屋って東京や大阪に比べると観光地も少ないように思われるけど、

名古屋城だけじゃなく名古屋港水族館も有名だし、名古屋めしと言われるグルメも多数・・・

そんな名古屋の魅力を調べてみました。

エッフェル塔とは?予約方法は?レストランもある?

パリの象徴とも言われる「エッフェル塔」。

入場チケットの予約方法は?当日でもチケット購入は可能?エッフェル塔にはレストランもあるの?

エッフェル塔の情報についてご紹介します。

行きたいところが多すぎて困っちゃう!沖縄旅行・沖縄観光にオススメなスポットとは?

沖縄の旅行が楽しみ!

だけど観光スポット多すぎてどこに行けばいいか迷っているあなた!

オススメコースはコチラです。

セントレア

中部地方の空の玄関と言えば、中部国際空港です。

名前から行くと、

セントレアの方がなじみがあるという人もいるでしょう。

オーストラリアとは?

オーストラリア社会は人種、文化、言語、宗教など様々な面で多様性に富んだ人々で構成されています。
トレス海峡諸島民と先住民であるアボリジニは何万年も前からオーストラリアの地に住んできましたが、その他のほとんどのオーストラリア人はここ200年ほどの間に200以上の国々から渡ってきた移民、もしくはその子孫です。
オーストラリアの公用語は英語であり、国民の7割が英語を使っていますが、移民たちが自国の言葉で話すこともあり、イタリア語、広東語、北京語、ベトナム語、ギリシア語、アラビア語もよく聞かれます。
オーストラリアの面積は7,682,300平方キロメートルです。アラスカを含んだアメリカ合衆国とほぼ同じ大きさで、日本の20倍ほどあり、世界では6番目の大きさです。人口は2000年の時点で19,200,000人で、人口密度は1平方キロメートルあたり2人です。日本の559.5人と比べると違いがよくわかります。

オーストラリアへ旅行するなら?

オーストラリアへの観光はパッケージツアーであれば短いものでは4日間からありますが、ほとんどは1週間前後のものです。
ツアーの内容は幅広く、多いのはリゾート地であるケアンズを中心に、世界最大の珊瑚礁であるグレートバリアリーフ、世界最大の一枚岩であるエアーズロックなどの大自然を満喫できるツアーです。レンタカー付きのツアーもあり、大自然を感じながら、自分たちのペースで移動を楽しめます。またシドニーを中心にオペラハウスなどを観光しクルーズを楽しむ都市型のもの、西海岸のバースで独自の発展を遂げた動物や自然と触れ合うツアーなども人気です。ツアーの中に短期留学やホームステイができるものがあるのも、オーストラリアの特徴です。
オーストラリアには19件のユネスコ世界遺産があります。自然遺産が12件、文化遺産が3件、複合遺産が4件で、これらの中には遺産を保護するために、観光客が立ち入ることができないものもあるので見学を予定している場合は事前に確認が必要です。

オーストラリアに行くにはビザが必要?

オーストラリアを訪問する際は、観光を目的とした短期の滞在でもビザを取得しなければいけません。訪問が決まり次第、観光ビザを手配しましょう。
しかし、観光ビザの取得といっても領事館や大使館に出向いたり、パスポートを送ってスタンプを貼ってもらうといった必要はありません、3ヶ月以内の滞在の場合は「ETAS(イータス)」と呼ばれる電子ビザで大丈夫です。ETASとは「ELECTRIC TRAVEL AUTHORITY SYSTEM」の略で電子旅行許可システムと訳すことができます。旅行者の名前、生年月日、パスポートナンバーといった情報を電子的にオーストラリア移民局に送り、問題がなければ移民局のホストコンピューターに登録の可否が保存され、通知は申請代理人に電子的に送られてきます。

 - 地域・観光