スポンサー リンク


行きたいところが多すぎて困っちゃう!沖縄旅行・沖縄観光にオススメなスポットとは?

   

行きたいところが多すぎて困っちゃう!沖縄旅行・沖縄観光にオススメなスポットとは?

沖縄の旅行が楽しみ! だけど観光スポット多すぎてどこに行けばいいか迷っているあなた! オススメコースはコチラです。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

バス時刻表

公共交通機関の中でバスや鉄道や航空機や船舶については、時刻表で発着時間を調べることができます。

かつては市販の時刻表でページをめくりながら調べていましたが、現在ではインターネットに接続することで調べることができるのです。

名古屋 グルメ

名古屋で美味しいものと言ったら何でしょう。

エビフライしか思いつかないあなたは、人生で大変損をしているといっても過言ではありません。

名古屋には、ユニークで、それでいて日本人の味覚のふるさととも言えるグルメがたくさんあるのです。

天気予報 福岡

休日の外出ともなると、

天気予報のチェックは欠かせません。

東京 地図

東京の地図を見れば、標高などの地形の特徴も分かるはずです。

沿岸部は埋立地が多いために、明らかに人工的な形をしています。

東京の地形は西へ行くほどに古く、関東山地では基盤岩が地表に露出しています。

名古屋と言えば名古屋城、名古屋港水族館、名古屋駅周辺グルメ?

名古屋って東京や大阪に比べると観光地も少ないように思われるけど、

名古屋城だけじゃなく名古屋港水族館も有名だし、名古屋めしと言われるグルメも多数・・・

そんな名古屋の魅力を調べてみました。

大阪の観光といえば・・・?家族で行くならこんなスポットはいかが?

大阪といえば・・・?

家族で観光に行くならこんなところもオススメです!

あえてのこのスポットに出かけてみては?

ぷらっとこだま

交通費を安くして、

その分旅行先で使いたいという人や、

切り詰められるものは切り詰めたいという人もいます。

新潟 天気

新潟の天気は日本海側気候によって支配されるため、冬場には豪雪になります。

市街地も含めて冬にはいつでも積雪がありそうな地域ですが、山間部と平野部ではかなりの差があります。

札幌

札幌のイベントは?

と聞かれると思い浮かべるのは何でしょうか?

「雪祭り」や「YOSAKOIソーラン祭り」を思い浮かべる人が多いのではないのでしょうか。

箱根は観光の宝庫?箱根湯本は日帰りでも楽しめる?

東京から近い観光地と言えば箱根。

箱根の観光でおすすめと言えば?数ある温泉地の中でも箱根湯本は日帰りでも楽しめる?

箱根観光の魅力についてまとめてみました。

仙台 天気

仙台市は東西に幅が広い市域が特徴で、地形に合わせる形で気候も変化します。

中心市街地は広瀬川の流域となり、河岸段丘が一部に発達した地形となっています。

広瀬川は名取川と合流しますが、河口付近の河床勾配は緩やかとなります。

横浜 天気

横浜市の全域は太平洋側気候となるために、関東地方の平野部らしい天気が観測されます。

日本の特徴としての四季があり、春から冬にかけては温度差が激しくなります。

東北新幹線

東北新幹線は、

東京駅から新青森駅まで

運航する新幹線の路線です。

札幌 天気

北海道札幌市は、人口が180万人と全国第5位にランクインしている大都市ではありますが、冬期間の印象が強いため、豪雪地帯と見做されている部分が強いようです。

しかしながら、大変なのは冬期間だけであり、ただ、それも考えようによってはそれ程大変でもないとの見方もできます。

アウトレットの歴史とは?人気の御殿場や木更津アウトレットの魅力もご紹介します!

日本でも大人気のアウトレットモール。

その歴史はどこから始まったのでしょうか?

人気の御殿場と木更津アウトレットの魅力と一緒にご紹介します。

イギリスとは?観光するならおススメは?イギリス人の特徴は?

日本と同じ島国であるイギリス。

正式名称は「グレート・ブリテン及び北アイルランド連合王国」。日本ではやっぱりイギリスと言ってしまいますよね。

そんなイギリスの魅力やイギリス人の特徴についてご紹介します。

浅草

古くから日本人に親しまれてきている

浅草の人気が

現在再び高まっています。

山手線 路線図

山手線の路線図を見れば、東京の山の手地区を環状に結んでいることが分かります。

全てが同じ路線ではなく、東北本線や東海道本線の一部も含んでいます。

路線網の歴史は古く、鉄道黎明期から工事が行われてきました。

天気予報 千葉

千葉県に住んでもう10年以上になりますが、

千葉県内の何ヶ所かで住んでいたことがあります。

流山市、館山市や銚子市に住んでいました。

地震情報

2011年の東日本大震災以降、地震に対する意識は急速に高まっています。

緊急地震速報に対応した携帯を日本人の多くが持ち、電車内で緊急地震速報があれば、

何度聞いても慣れることのない音が周囲で鳴りつづけます。

沖縄の観光スポットといえば!?

沖縄観光では外せない絶景スポットといえば、 古宇利大橋(こうりおおはし)です。この橋は、沖縄本島でも特に海が美しいといわれる北部エリアの、今帰仁村の古宇利島(こうりじま)と名護市の屋我地島(やがじしま)を結んでいます。
全長が1.960メートルあるこの橋は2005年2月8日に開通し、通行が無料ということもあり、人気の観光地となりました。
この古宇利大橋の見どころは、何といっても橋から見渡す広い海です。島に向かって真っすぐと伸びる橋の両端に、透明がかったエメラルドブルーの美しい海が広がります。ドライブ中に思わず「おぉ~!!」といった歓声があがり、「キレイ・・・」という感嘆の声がもれることでしょう。
左右が海に囲まれるため、まるで海の上を走るかのような不思議な体験をすることができます。沖縄以外ではなかなか味わえないため、必見のスポットです。

沖縄だけど気分は外国!?

沖縄の美浜アメリカンビレッジは、アメリカの街並みを模した一大商業型リゾートです。ゆったりとした広大な土地に大きな建物をレイアウトし、ホテルやショップ、ライブハウス、映画館などの商業施設が立ち並んでいます。足を踏み入れるとそこはもう西海岸の雰囲気に包まれています。
とにかく広く、多くの施設が揃っているため、朝から晩まで、観光客から地元の人まで大きな賑わいを見せています。約1.500台駐車可能の無料公共駐車場が嬉しいですね。
さらに、2010年7月には、これまた大型のアメリカンスタイルのリゾートタウン「デポアイランド」が完成しました。
アメリカンな雰囲気を味わえるのはもちろんのこと、ショッピング施設が充実しているのも高ポイントです。軍関係のショップを筆頭に、古着や水着など、個性的な品々が手に入ります。ステーキも無論アメリカサイズですのでお腹がいっぱいになります。

はじめて沖縄を観光するならこのコースがオススメ♪

はじめての沖縄旅行で、二泊三日でも効率よく観光できるおすすめのコースをご紹介しましょう。
初日は那覇空港を起点と考え、那覇を中心に動きます。まず那覇空港内で腹ごしらえ。空港でも郷土料理が味わえるのが嬉しいですね。そしてゆいレールで「Tギャラリア・沖縄」に向かいます。免税店なのでブランド品などはこちらで購入します。続いて人気歴史スポットの首里城へ。一時間程度で見学できます。その後は国際通り方面へ移動し「公設市場」「平和通り」「壺屋やちむん通り」「国際通り」の順に歩いて回ります。ホテルで一日の疲れをとりましょう。
二日目は本島北部が中心です。ブセナ海中公園で熱帯魚を眺めたら今帰仁村へ。屋我地島から古宇利大橋で古宇利島に渡りましょう。絶景の海を堪能できます。その後、ワルミ大橋を渡って本部町のフクギ並木を抜けると美しい海面が広がります。徒歩10分で大人気スポット「沖縄美ら海水族館」。日が暮れたら、名護市で夕食をとります。
最終日は北部から那覇へ。途中の北谷町でアメリカンリゾート気分を味わいながらランチをし、豊見城市の沖縄アウトレットモールあしびなーに直行しましょう。那覇空港まではすぐですので、直前までショッピングやお土産選びをすることができます。レンタカーの返却時間には遅れないようにしましょう。

 - 地域・観光