スポンサー リンク


ロードバイクの魅力とは?初心者に言いたいことは「行動あるのみ」

   

ロードバイクの魅力とは?初心者に言いたいことは「行動あるのみ」

ロードバイクを始めようかなぁとお悩みのあなた! とりあえず、行動あるのみです! 初心者にありがちな間違えやすいことは?!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

読売ジャイアンツはどんな球団?読売ジャイアンツについてお教えします!

読売ジャイアンツはこんな球団!

オススメなジャイアンツグッズやジャイアンツファンにオススメなカードをご紹介!

とてつもない迫力のバレーボール男子「龍神NIPPON」を応援しよう!

女子だけじゃない!

バレーボール男子も見所はたくさんあるんです!

世界相手に活躍するバレーボール男子はこれからが面白い!

MLBと日本のプロ野球の違い・・・チーム数と企業努力?

日本のプロ野球は人気が下がっているとか言われているけど、MLBはどうなのでしょうか?

プロ野球は12球団だけど、MLBはいくつあるの?

MLBに関する情報についてまとめてみました。

クロスバイク

クロスバイクは、

シティサイクルとロードバイクの

中間に位置する自転車となっています。

サッカー動画

世の中には数え切れないほどのサッカー動画が出回っています。

日本国内のプロリーグから、海外のトップリーグ、

子供たちのプレー集など、種類は様々です。

春と夏に甲子園で行われる高校野球の違いとは?

毎年3月と8月に甲子園で行われている高校野球の大会。

春と夏の違いって知ってましたか?実は主催者や出場校の数やいろんなところに違いが・・・

ここで高校野球の春と夏の違いについてまとめてみました。

卓球

卓球というスポーツの起源については諸説ありますが、19世紀末にイギリスの貴族たちが、夕食後のテーブルの上を使って、シャンパンのコルクの打ち合いをしたのが始まりと言われています。

ヤクルトが2015年セ・リーグ優勝できたのは監督のおかげ?セールはあった?

パ・リーグと違い、ギリギリまで優勝が決まらなかった2015年のセ・リーグ。

14年ぶりの優勝だったけど、原因は監督の指導法?それともトリプル3も出た選手の頑張りぶり?ヤクルトが優勝してもセールはあったの?

ヤクルト優勝に関する情報についてまとめてみました。

映画館

駅の周辺にあった映画館が最近はなくなっていき、

新たにできたショッピングモールの中にオープンすることが増えています。

私が住む地域で最も大きな駅には2つ映画館があったのですが、残念ながら2つともなくなってしまいました。

JRAとは?現在の日本の競馬やJRA職員の仕事についてご紹介します!

日本中央競馬会の略称「JRA」。

競馬には詳しくないけど、日本では競馬って週末のみ開催なの?JRAってどんな仕事をしているの?

JRAの内容や仕事についてご案内します。

横浜 天気

野球のシーズンになると、天気というのはとても気になります。

自分が行く試合が無事行われるのかどうか、交通機関は大丈夫なのかなど気になることは色々あります。

特に、横浜の天気が気になることがあります。

F1といえばホンダF1!鈴鹿サーキット場で生の迫力を体感しよう!

そもそもF1って何?いったい何が魅力なの?
男性ならハマること間違いなし!?
ただ、走るだけではない天文学的なお金を使うチーム・メーカーとすべてを犠牲にして突き進むレーサーとチームスタッフ・エンジニア達の想いがが詰め込まれているのです!

野球というスポーツを知ろう!変化球とは?高校野球の大会はいくつある?

野球といえば少年野球、高校野球、プロ野球、社会人野球などなど種類は多くありますよね。

でも競技を知らない人もまだまだ多いのでは?

今回は野球の基本から変化球の種類など野球に関する情報をまとめてみました。

ファッション

年代を問わず、流行に追われたファッションを一通り揃えたアイテムだけでは、誰もが同じスタイルになりがちです。

髪形、化粧も最新マニュアルにのっとったスタイルにまとめれば、ファッション雑誌からそのまま飛び出してきた感じで個性というものがまるで感じられません。

サッカーボールは何種類ある?上手なボールの選び方とは?

サッカーボールは小学生用と中学生用と分かれているの知っていますか?

あなたに合ったボールを選ぶポイントとは?

テニスを始めるならまずはラケット!テニスラケットの選び方をお教えします!

自分に合ったテニスラケットを見つけるのは難しい!?

どんなものを選んだらいいか迷ったらコレを基準に選んでみては?

ロードバイクのこんなところに病みつきです!

ロードバイクに嵌る理由の多くがハイスピードで走る感覚と爽快感、さらには滑走感が魅力的だと言えます。ただスピードが速いというだけではありません。その軽快性とロードバイクならではの俊敏性によって体感できるスピードは他とは全然異なります。まさに風を切って走ることを実感出来、タイヤの感覚や音、駆動系の音といったモノを実感しながら走ることが出来るのです。一瞬自分に羽があるかのような錯覚を感じるくらい素晴らしい気持ちになれます。高原の田舎の道を走る時にはロードバイクの音だけが感じられます。その時は本当に自転車とそして風と一体化したかのようです。以前ドライブした際に最高な気持ちになった海岸線、高原、さらにはいつもは自動車で通勤している道路さえもロードバイクに乗るだけで違って見えます。その距離を聞いたら驚くと思いますがロードバイク初心者でも週末には60kmくりは普通に走るのです。初めは20kmくらいで限界なのですが徐々に距離を伸ばし100kmを目標としている人も多いと言えます。

ロードバイクを始めるなら 〜初心者に伝えたいこと〜

フラペでいつまでも走ってないで早くビンディングにするべきなのにビンディングは怖いという気持ちも理解できます。ですが1度ビンディングをマスターすると戻れないくらい自転車に乗る際に適した仕組みと言えます。だから怖がらずに練習することをオススメしますし、立ちごけに恐怖心がある人でも心配はいりません。2回から3回程コケたら慣れるものです。軽い気持ちで乗り始めるのなら低価格で歩くのに適した靴であるシマノのSPDがイチオシです。私はロードバイクとミニベロでシマノのPD-A600を使用します。第一位、悩んでいても全く事は進まないので、まずはロードバイクを購入しましょう。どのバイクがいいのか相談したり雑誌で情報収集したり、知恵袋などにカキコするのもアリですが、それだけでは何も始りません。まずは乗ってみることがロードバイクを知る方法です。悩まず行動に移し、決心がつかない場合は15万円程の完成車であるエントリーアルミを購入し乗りつぶす気持ちで乗りましょう。40歳以降は時間の経過が早いので悩む時間も勿体無いし購入して早く乗り楽しむことが大切です。ロードバイクは乗らないと意味がないし健康な内にしたいことをしましょう。

ロードバイク初心者が購入するときに気をつけたい事とは?

初心者がロードバイクを選ぶ際に失敗することが多いのが、ロードバイクのサイズ合わせです。ロードバイクを初めて購入する人がやってしまう失敗例としては乗る時に楽な姿勢になれるフレームが自分に適したロードバイクと認識してしまうケースです。ですが通常の自転車と異なりいつもは使用しない筋肉を使用し自転車の上で乗ってバランスを取るだけであってもロードバイクに慣れていない人にとっては大変だし疲れてしまいます。ですが最初に楽な姿勢になれるフレームのロードバイクを買ってしまった場合は、ロードバイクになれて初心者から中級者にレベルアップした際にすぐさまそのロードバイクでは物足りないと思ってしまいます。多少ならロードバイクの部品を交換することで対応することは可能ですが、それには限界があるのです。ロードバイクは高額な商品なのでそうそう買い替えることは出来ません。だから最初から中級レベルでも満足できるロードバイクを選ぶ必要があります。

 - スポーツ・芸術