スポンサー リンク


テニスを始めるならまずはラケット!テニスラケットの選び方をお教えします!

   

テニスを始めるならまずはラケット!テニスラケットの選び方をお教えします!

自分に合ったテニスラケットを見つけるのは難しい!? どんなものを選んだらいいか迷ったらコレを基準に選んでみては?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

野球というスポーツを知ろう!変化球とは?高校野球の大会はいくつある?

野球といえば少年野球、高校野球、プロ野球、社会人野球などなど種類は多くありますよね。

でも競技を知らない人もまだまだ多いのでは?

今回は野球の基本から変化球の種類など野球に関する情報をまとめてみました。

F1といえばホンダF1!鈴鹿サーキット場で生の迫力を体感しよう!

そもそもF1って何?いったい何が魅力なの?
男性ならハマること間違いなし!?
ただ、走るだけではない天文学的なお金を使うチーム・メーカーとすべてを犠牲にして突き進むレーサーとチームスタッフ・エンジニア達の想いがが詰め込まれているのです!

MLBと日本のプロ野球の違い・・・チーム数と企業努力?

日本のプロ野球は人気が下がっているとか言われているけど、MLBはどうなのでしょうか?

プロ野球は12球団だけど、MLBはいくつあるの?

MLBに関する情報についてまとめてみました。

横浜 天気

野球のシーズンになると、天気というのはとても気になります。

自分が行く試合が無事行われるのかどうか、交通機関は大丈夫なのかなど気になることは色々あります。

特に、横浜の天気が気になることがあります。

サッカーボールは何種類ある?上手なボールの選び方とは?

サッカーボールは小学生用と中学生用と分かれているの知っていますか?

あなたに合ったボールを選ぶポイントとは?

サッカー動画

世の中には数え切れないほどのサッカー動画が出回っています。

日本国内のプロリーグから、海外のトップリーグ、

子供たちのプレー集など、種類は様々です。

春と夏に甲子園で行われる高校野球の違いとは?

毎年3月と8月に甲子園で行われている高校野球の大会。

春と夏の違いって知ってましたか?実は主催者や出場校の数やいろんなところに違いが・・・

ここで高校野球の春と夏の違いについてまとめてみました。

クロスバイク

クロスバイクは、

シティサイクルとロードバイクの

中間に位置する自転車となっています。

読売ジャイアンツはどんな球団?読売ジャイアンツについてお教えします!

読売ジャイアンツはこんな球団!

オススメなジャイアンツグッズやジャイアンツファンにオススメなカードをご紹介!

JRAとは?現在の日本の競馬やJRA職員の仕事についてご紹介します!

日本中央競馬会の略称「JRA」。

競馬には詳しくないけど、日本では競馬って週末のみ開催なの?JRAってどんな仕事をしているの?

JRAの内容や仕事についてご案内します。

映画館

駅の周辺にあった映画館が最近はなくなっていき、

新たにできたショッピングモールの中にオープンすることが増えています。

私が住む地域で最も大きな駅には2つ映画館があったのですが、残念ながら2つともなくなってしまいました。

ヤクルトが2015年セ・リーグ優勝できたのは監督のおかげ?セールはあった?

パ・リーグと違い、ギリギリまで優勝が決まらなかった2015年のセ・リーグ。

14年ぶりの優勝だったけど、原因は監督の指導法?それともトリプル3も出た選手の頑張りぶり?ヤクルトが優勝してもセールはあったの?

ヤクルト優勝に関する情報についてまとめてみました。

とてつもない迫力のバレーボール男子「龍神NIPPON」を応援しよう!

女子だけじゃない!

バレーボール男子も見所はたくさんあるんです!

世界相手に活躍するバレーボール男子はこれからが面白い!

卓球

卓球というスポーツの起源については諸説ありますが、19世紀末にイギリスの貴族たちが、夕食後のテーブルの上を使って、シャンパンのコルクの打ち合いをしたのが始まりと言われています。

ファッション

年代を問わず、流行に追われたファッションを一通り揃えたアイテムだけでは、誰もが同じスタイルになりがちです。

髪形、化粧も最新マニュアルにのっとったスタイルにまとめれば、ファッション雑誌からそのまま飛び出してきた感じで個性というものがまるで感じられません。

ロードバイクの魅力とは?初心者に言いたいことは「行動あるのみ」

ロードバイクを始めようかなぁとお悩みのあなた!

とりあえず、行動あるのみです!

初心者にありがちな間違えやすいことは?!

テニスのラケットの役割について

テニスラケットを選ぶ際の重要なポイントは、面の大きさです。現行モデルの規格は85~135平方インチと決まっており、その範囲内でさらに細分化されます。
85~95平方インチの面はMIDと呼ばれ、技術的に優れた選手が使います。95~103平方インチはMIDPLUSで、こちらは中級者から上級者が使用します。103平方インチ以上の面はOVERSIZE、またはデカラケと呼ばれ、初心者から上級者まで幅広い選手が使用しています。
ラケット選びにはストリングパターンも重要です。これは縦糸と横糸の本数のことで、16(縦)×19(横)が中心です。パターンの粗さと細かさによりボールの飛び方が変わります。
また、ラケット全体の重さも考えなくてはなりません。ラケットが重ければ、重たいボールを打てるようになりますが、力の弱い選手が使いこなすのは難しくなります。
最後に、グリップ・サイズのチェックをしましょう。太いグリップは手首の可動域が狭まるため安定したストロークを打てます。逆に細いグリップは、繊細なショットが打ちやすくなります。自分のプレースタイルや向き不向きを見極めましょう。

テニスラケットの選び方

ラケット選びの際に「何か良いラケットはないだろうか」と「良いラケット」を選ぼうとしたことはないでしょうか。誰だって、お金を出すなら良いものを手に入れたいものです。しかし、その「良いラケット」は、本当にあなた自身にとって「合うラケット」なのでしょうか。
ラケットは、運動シューズやトレーニングウェアと同様のものと考えてもいいかもしれません。あるシューズがあなたの友人にぴったりだからといって、あなたにぴったり合うとは限りません。人によって足のサイズや形状が異なるからです。ラケットも同様で、他人の評価を真に受けてはいけません。人により、パワーや技術、癖などが異なるからです。他人が良いと言っているからといって、あなたに合う可能性はさほど高くはありません。
「良いラケット」を買って、そのラケットに合わせるのは無理につながり本末転倒です。まずは自分を知り、自分に「合うラケット」を探しましょう。そうすれば力を存分に発揮できるはずです。

上級者ならこんなテニスラケットの選び方もアリ!

近年テニスラケットの進化は目ざましく、特にカーボンの進化は目を見張るほどです。全体的によく弾み、勢いよく反発する仕様となってきています。
今現在流行しているのが、ラケット面の大きさが100平方インチでフレームの厚さが26mm前後の、いわゆる「中厚モデル」と呼ばれるラケットです。このタイプの特徴は、容易に速度のあるボールを打てることです。ただしよく弾むので、ハードヒットした際にはボールの処理の難易度が高くなります。これでは緊張の場面で躊躇してしまい、思い切りラケットを振ることができない恐れがあります。
そういったストレスから解放されるためには、使用中のラケットよりもフレーム厚の薄いモデルを選んでみることが得策です。フェイスサイズさえ同程度にそろえておけば違和感なくボールの反発を抑えることができるでしょう。以前と違い、フレーム厚が薄くても、高い反発力が期待できるようになったのです。
サイズダウンをすれば、きっと思い通りのフルスウィングを楽しむことができるでしょう。

 - スポーツ・芸術