スポンサー リンク


卓球

   

卓球

卓球というスポーツの起源については諸説ありますが、19世紀末にイギリスの貴族たちが、夕食後のテーブルの上を使って、シャンパンのコルクの打ち合いをしたのが始まりと言われています。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ヤクルトが2015年セ・リーグ優勝できたのは監督のおかげ?セールはあった?

パ・リーグと違い、ギリギリまで優勝が決まらなかった2015年のセ・リーグ。

14年ぶりの優勝だったけど、原因は監督の指導法?それともトリプル3も出た選手の頑張りぶり?ヤクルトが優勝してもセールはあったの?

ヤクルト優勝に関する情報についてまとめてみました。

サッカーボールは何種類ある?上手なボールの選び方とは?

サッカーボールは小学生用と中学生用と分かれているの知っていますか?

あなたに合ったボールを選ぶポイントとは?

映画館

駅の周辺にあった映画館が最近はなくなっていき、

新たにできたショッピングモールの中にオープンすることが増えています。

私が住む地域で最も大きな駅には2つ映画館があったのですが、残念ながら2つともなくなってしまいました。

野球というスポーツを知ろう!変化球とは?高校野球の大会はいくつある?

野球といえば少年野球、高校野球、プロ野球、社会人野球などなど種類は多くありますよね。

でも競技を知らない人もまだまだ多いのでは?

今回は野球の基本から変化球の種類など野球に関する情報をまとめてみました。

ファッション

年代を問わず、流行に追われたファッションを一通り揃えたアイテムだけでは、誰もが同じスタイルになりがちです。

髪形、化粧も最新マニュアルにのっとったスタイルにまとめれば、ファッション雑誌からそのまま飛び出してきた感じで個性というものがまるで感じられません。

JRAとは?現在の日本の競馬やJRA職員の仕事についてご紹介します!

日本中央競馬会の略称「JRA」。

競馬には詳しくないけど、日本では競馬って週末のみ開催なの?JRAってどんな仕事をしているの?

JRAの内容や仕事についてご案内します。

ロードバイクの魅力とは?初心者に言いたいことは「行動あるのみ」

ロードバイクを始めようかなぁとお悩みのあなた!

とりあえず、行動あるのみです!

初心者にありがちな間違えやすいことは?!

サッカー動画

世の中には数え切れないほどのサッカー動画が出回っています。

日本国内のプロリーグから、海外のトップリーグ、

子供たちのプレー集など、種類は様々です。

F1といえばホンダF1!鈴鹿サーキット場で生の迫力を体感しよう!

そもそもF1って何?いったい何が魅力なの?
男性ならハマること間違いなし!?
ただ、走るだけではない天文学的なお金を使うチーム・メーカーとすべてを犠牲にして突き進むレーサーとチームスタッフ・エンジニア達の想いがが詰め込まれているのです!

とてつもない迫力のバレーボール男子「龍神NIPPON」を応援しよう!

女子だけじゃない!

バレーボール男子も見所はたくさんあるんです!

世界相手に活躍するバレーボール男子はこれからが面白い!

テニスを始めるならまずはラケット!テニスラケットの選び方をお教えします!

自分に合ったテニスラケットを見つけるのは難しい!?

どんなものを選んだらいいか迷ったらコレを基準に選んでみては?

読売ジャイアンツはどんな球団?読売ジャイアンツについてお教えします!

読売ジャイアンツはこんな球団!

オススメなジャイアンツグッズやジャイアンツファンにオススメなカードをご紹介!

横浜 天気

野球のシーズンになると、天気というのはとても気になります。

自分が行く試合が無事行われるのかどうか、交通機関は大丈夫なのかなど気になることは色々あります。

特に、横浜の天気が気になることがあります。

MLBと日本のプロ野球の違い・・・チーム数と企業努力?

日本のプロ野球は人気が下がっているとか言われているけど、MLBはどうなのでしょうか?

プロ野球は12球団だけど、MLBはいくつあるの?

MLBに関する情報についてまとめてみました。

クロスバイク

クロスバイクは、

シティサイクルとロードバイクの

中間に位置する自転車となっています。

春と夏に甲子園で行われる高校野球の違いとは?

毎年3月と8月に甲子園で行われている高校野球の大会。

春と夏の違いって知ってましたか?実は主催者や出場校の数やいろんなところに違いが・・・

ここで高校野球の春と夏の違いについてまとめてみました。

卓球の起源とは?

卓球というスポーツの起源については諸説ありますが、19世紀末にイギリスの貴族たちが、夕食後のテーブルの上を使って、シャンパンのコルクの打ち合いをしたのが始まりと言われています。

当時は、シャンパンのコルクの栓をボールのように丸く削ったものを葉巻タバコの箱のフタをラケット代わりに使用して、ラリーをしていました。

やがて、ラケットは葉巻タバコの箱のフタから、手の平ほどの大きさの丸く曲がった木の枠に羊の皮などを貼って、40センチほどの柄をつけたものに変わっていきました。

そして、ついに現在のような木製のラケットの表面に紙やすりや様々な布などを貼ったものが現れました。

ディナーの後に行われていた室内のゲームだったので、その遊びは「ディンドン」と呼ばれていました。

その響きが、なまって「ピンポン」に変化したという説もあります。

「ピンポン」の名付けについてこんな説も

また、1898年にはイングランドのクロイドン市に住んでいたジェームズ・ギブという貴族が、雨が降って、屋外でテニスができなくなってしまったために、室内で中が空洞になっているセルロイドの球を用いて、子羊の皮が使われたバンジョーラケットというもので打ち合いをしたという記録が残っています。

このときに、ジェームズの友人がこの打ち合いの様子を見て、セルロイドの球を打ったときの音にちなんで、「ピンポン」と名付けたのだとも言われています。

そして、このスポーツは次第に庶民の間にも広まり、盛んになるにつれて、ルールや使用する用具も少しずつ使いやすいものに進化を遂げていきました。

卓球が日本で認知されたのはいつ?

このスポーツが、日本でも認知されるようになったのは1902年(明治35年)のことで、東京高等師範学校の教授であった坪井玄道がイギリスからルールブックと用具一式を日本に持ち込み、スポーツ用品店に作らせたのがきっかけだと言われています。

1921年には、後のアジア卓球連盟名誉会長の城戸尚夫が「卓上で行う卓越した球技」という意味を込めて、このスポーツを「卓球」と名付けました。

同年にイギリスで卓球協会が誕生し、1926年には国際卓球連盟が誕生しました。

同年、ロンドンで最初の世界選手権が開催されました。

1937年には、日本初の国際試合が行われ、ハンガリーの元世界チャンピオンと対戦した際に、初めてラバーを貼ったラケットの存在を日本人は知りました。

それまでの日本の選手たちはラケットに何も貼っていない状態で、果敢に戦っていました。

 - スポーツ・芸術